2023年01月13日

卒業生の訪問

木曜日は休みでした。留守の間に卒業生があいさつに来てくれました。スパブの前にスリーステップという塾で兄のもとで働いていた時の予備校生です。もう40歳前後になっているかと思います。今は中学校で国語の先生をされています。その先生の教え子が今年の予備校生にいるのです。
共通試験2日前、生徒さんを励ましに来てくれたのでしょう。生徒思いの先生です。前回お会いしたのは彼女が大学を卒業したばかり、国語の教師になったばかりのころでした。その時は、お母さんと一緒に来てくれました。その時も突然来てくれました。
「先生、私のことを覚えていますか?」「覚えてるよ〜。〇〇さんやろ〜」そのような会話から始まったのを鮮明に覚えています。
彼女に出会ったのはあったのは18歳の時、卒業して23歳の時に今度はスパでで再会して、今は結婚されて子供ができたと聞きました。いくつになってのでしょう?2度にあったときから15年くらいたつかもしれませんね。
こんなに時間が経っても会いに来てくれるなんて思ってもみませんでした。感動でした。そしてとてもきれいな置手紙をいただきました。さすが国語の教師をされているといった心のこもったきれいな字でした。
留守にしていて申し訳ございませんでした。もう一度ぜひお会いしたいです。
本当にありがとうございました。その予備校生は今日も自習に来ていましたよ。きっとうまくいくはずです。
posted by スパブ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ