2022年03月11日

3・11。震災

今日は震災の日です。11年前のこの日、私はちょうど向陽高校に予備校生の進路の報告に赴き、受付にいました。ちょうどその時、このニュースが大きくテレビで報道されていました。この日が来るたびにその当時のことを鮮明に思い出します。
和歌山も津波の警報が出ていました。その当時、紀の川大橋を渡って帰らなければならなかったので、橋を渡っている最中にもし津波がきたりしたらどうしようかなどと心配していたました。
あれから11年、震災の記憶は私たち当事者でない人の頭の中では徐々に薄れてきますが、震災に合われた人はあの時から時間が止まってしまっていることでしょう。
人の心は日々変化していくものですが、先には進めないほど、未来をえがけないほどの絶望を抱えている人はいます。そう思うと心が張り裂けそうになります。一方、何もなく幸せな生活を送っている自分が少し申し訳ない気持ちになってくることもあります。
posted by スパブ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記