2021年04月28日

ちょっと英語

今日は朝から雨です。緊急事態宣言が大阪でも出ています。和歌山でも不要不急の外出は控えるようにという知事からの要請が出ています。この連休は全国的に雨でちょうどいいですね。雨だと出て行きたい気持ちも萎えます。私もじっとしています。

今日は受験生の個別、英作で「お互いに」という訳が出た来ました。
「彼らはお互いに微笑んだ」という英訳があり、下のように間違ってしまいました。
「each other」はお互いにと訳しますが、副詞ではありません。名詞です。代名詞です。
They smiled each other.は間違いでThey smiled at each other. としなければなりません。「smile」は自動詞で「at」が必要です。
※ただし「smile a 形容詞 smile」の形もあり、この形では他動詞です。
They know each other. これはOKです。「know」は他動詞です。「each other」は「know」の目的語です。
よく勘違いしているところですね。




posted by スパブ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2021年04月27日

昨日の個別授業

昨日の現役生は理系の受験生が物理、コンデンサーから熱力学に進みました。熱力学では分子運動論の流れが分かっていなかったので詳しく解説してその後、それを整理してきちんとノートにまとめて終わりました。
2年生は数学をしました。円から軌跡に入っていました。文系3年生は積分の計算が課題に出されてあったようで取り組んでいました。積分は教えることはなく自力で計算を必死にしていました。分数が大変なことになっていたようです。積分も闇雲に計算するのではなく工夫があれば簡単に解決する場合もあります。
3年生は受験の勉強、1,2年生は定期テストが連休が明けるとありますのでその準備にかかっていました。
個別授業で必要な科目、課題にしっかりと対応した指導をしています
posted by スパブ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月26日

上智大の英語

難関大を受験する生徒さんが上智大の問題をしていたので私も一緒にやってみました。
問題はそれほど長くはありません。30分くらいでやらなければならないようです。
各パラグラフごとに設問が分かれている形式です。少し前のセンター試験にもあったような形式です。全体を読まなくても各パラグラフを読んだ後で対処できるので取り組みやすい形式です。
設問は単語が意味していること、内容について様々な問い、要約などで構成されています。パラグラフによって設問、数はバラバラです。14問ありました。私は7割ちょっとしかできませんでした。設問は分かりやすいのですが、英文はとても読みにくく内容も分かりにくかったです。頻出問題集には決してお目にかかることはないと思われる英文です。こういう文章をわざと選んでくるんですね。
脳と記憶障害についての文章
最初の2パラグラフはこんな感じです。
[1] "I have a terrible memory." How often have you heard that? In my own case, whenever I meet someone, and in casual conversation admit that I carry out research on memory, by far the most common response is "You should do some work on me ― my memory is awful!" So is mine ― I even managed to forget to turn up for a radio phone-in on memory. I was reminded of my dreadful lapse by reading the radio section of the newspaper, and arrived at the studio just in time to be asked by the anchor man for "a few tips on improving your memory"!

[2] I also believe however, that I have a good memory, and would argue, despite its occasionally embarrassing fallibility, that both my memory and yours exceed that of the best computer in terms of capacity, flexibility, and durability. In the chapters that follow, I hope to persuade
you to share my admiration.






posted by スパブ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2021年04月25日

ちょっと英語

「claim」という単語見たことありますか?高校生にとっては基本的な単語です。
「主張する」。「要求する」。とか名詞の意味もあります。「必要とする」。なんかもありますが、
最近TOEICの単語帳に「The flood claimed 100 lives」というのが載っているを目にしました。ナニコレ?分かりません。「claim」には「(命を)奪う」という意味があるらしいのです。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2021年04月24日

ちょっと英文法

昨日の英語で問題になったのは、冠詞の語順の問題です。ややこしくて私もよく「何だったかなあ?」となるところです。よく間違えるところであり、よく出題されるところです。
@such beautiful a flower
Atoo beautiful a flower
の語順は正しいですか?



@はsuch a beautiful flowerとなります。suchの後はa(an)+形容詞+名詞の順になります。what , many , half , quite , eatherなども同じです。 
Aはtoo+形容詞+a(an)+名詞の順になります。これと同じ副詞にはhow , so ,asがありこの4つを覚えておけば大丈夫です。とりあえず、Aの方が覚える数が少ないのでAをしっかり覚えておいてそれ以外は@となるということで太守してはどうですか。
正解はAが正しいです。 
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2021年04月23日

古き良き時代

20年くらい前(もちろんそれ以前)には古文の一斉授業ができるほど現役生が来てくれました。だんだん少なくなって、古文の一斉授業をしているのは大手予備校くらいです。これは漢文や生物なんかにも言えることです。今なら考えられないですが、漢文や日本史の授業を予備校生と一緒に受けてくれていた現役生がいました。我々にとっては良き時代でした。今はそれは個別対応ということになるのです。
もちろん子供が徐々に減ってきたということもありますが、それ以上にそういう科目を勉強しなくても十分、自分の思う大学に行けるようになったということです。漢文、古文、生物は共通試験で出題されるくらいで、それこそ難関大を除いて2次試験で出題されることは滅多にありません。推薦入試ではほとんどの生徒さんが2教科で受験できます。わざわざしんどい目をして頑張る必要はないのです。特に地元志向が強くて国公立大を目指す動機もなくなっています。
子供が減っている以上に大学入試そのもののハードルが下がってきているのです。
posted by スパブ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2021年04月22日

慶應の英語

英語の個別で昨日は慶應大学の問題を取り組んでいる生徒さんがいました。
慶應難しいですね。何が難しいというと単語、もちろんそれに伴って内容が難しいです。哲学用語がたくさんでてきて内容が中学生にも理解できるという文書はないです。単語が難しいと特殊な分野を扱っていたり専門性の高い文章になってきます。
空欄補充、文中の単語の意味に近い単語の選択、そして最後に内容一致の問題です。
どれだけが合格点か分かりませんが、これだけ難しいとすべて記号なので少し実力があり、それこそ運よくマークがあっていればうかるということもあり得ます。自信はなかったけど、何となく合格できたというのこともあるでしょうね。
ウエルズの「宇宙戦争」についてのエッセイです。
単語の意味を答える問題、もちろん文脈から推察見当しますが、私はほとんど意味が分かりませんでした。恐らくかつて見たこともないと思います。その一例
「terresrial」,「benevolent」―私の記憶の片隅にもありません。
「extermination」は絶滅とわかったとしても「eradication」が分かりません。お手上げです。
すごいレベルですよ。
難しい単語が出るということで難単語のたくさん載っている参考書があります。しかし、そんな文章を読んで一生に何度か遭遇するかしないかという単語を悪戦苦闘して覚えるより、頻出単語をしっかり覚えた方が近道のような気がします。
早稲田、慶応こういった大学だけを目指している人は難しい英文ばかり読んで英語嫌いにならないのでしょうか?
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2021年04月21日

進路の話

昨日、向陽生3年生の授業がありました。推薦入試が多くなっていますが、この生徒さんも推薦で入試を考えているようです。よくできる生徒さんで1年生からきっちと成績をとっているので問題はありません。実力はあるので、国公立大も受験してみたらいいのにとは思いました。
二人きりだったのでじっくり進路について話し合いました。他の生徒さんがいるとなかなかできないのですが、いろいろと本音の部分も話もしてくれました。
その生徒さんは1年生の時から来てくれているので気心は知れていますが、ゆっくりと話す機会がなかったのでこういう時間は貴重です。オンライン授業にはこういった1対1のやり取りはありません。今後もこういう機会があればできるだけ大切にしていきます。

posted by スパブ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ

2021年04月20日

ちょっと英文法

今日は良いお天気です。すっかり初夏の陽気ですね。寒暖差が大きくなっています。体調に気をつけましょう。
最近、冠詞の勉強をやり直しています。英作文を聞かれることが多いのですが、冠詞の使い方はややこしいですね。学校でも冠詞はあまり時間をかけて勉強しないと思います。予備校でも助動詞や不定詞のように独立して時間をかけて勉強はしたことがありません。その都度の説明で対処しています。
分厚い参考書を一通り読んで復習ができたところで問題をやってみました。正誤問題に面白いのがありました。私立大学ではよく見られますが、国立大学では今は見られないと思います。

次の各文の誤りを訂正せよ。という問題。出題は「東北大学」と書いてありました。
The airplane began to fall. The operator sent a SOS call.
どこが間違っているか分かりますか?冠詞のセクションなので冠詞の周辺に間違いがありそうですが。分かりますか?
私は分かりませんでした。
正解はSOSの読みは母音から始まるので「a」を「an」にするそうです。他はあっています。
「a」か「an」かはつづりに関係なく音で判断しなければなりません。そういえば、unitは×an unitではなくa unitで、hourは×a hour でなくてan hourですよね。
冠詞の問題だと知らされていれば何とかなるかもしれませんが、本番の試験では何も知らされることはありません。こんな問題に正解出来る人はものすごく注意深いですね。それにしても昔はこのような問題が国公立大学の帝国大学でも出題されていたのですね。みなさん傾向と対策をしていたのでしょうね。



posted by スパブ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2021年04月19日

遅くまで頑張っています!

最近は寒暖差があって体調が思わしくありません。この時期、コロナで神経質になっています。さすがに熱が出たら大変なので体調にはとても気を使います。
3年生理系は物理はコンデンサーに入っています。化学は熱化学の復習もしました。計算ではなくエネルギーの状態図から反応熱を求める練習をしました。反応熱の本質をつかんでもらえたようです。
文系2年生は数Uが積分に入ってきました。もう数学は終わろうとしています。これからは復習と共通試験の演習に入っていきます。
2年は数学が図形、円の方程式でした。4STEPの演習をしました。
3年生は英語の個別もありました。今日は文法をしました。今日は、1年生の授業はありませんでした。
みんなよく頑張ってくれています。
しかし、大阪でも和歌山でもコロナが多くなってきました。勉強に水を差すようなことにならないで欲しいです。

posted by スパブ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ

2021年04月18日

苦しいブログ更新

毎日ブログを更新していると書くことがなくなってきます。ブログはもう3192個の記事を書いています。単純い365で割っても8年は軽く超えています。はじめの頃は毎日更新していなかったので書き始めは軽く10年くらい前になるかもしれません。3日坊主の私がここまで続いたと、我ながら感心しています。
平日はできるだけ生徒の様子やスパブでやっていることを書くのですが、文才もないうえにいつも書くことがなくて困っています。そこでこの苦労を和らげるためにも「勉強」について書こうと思っています。
生徒さんに聞かれた質問で面白いなと思ったことや役立つこと、私が勉強していて面白いなと気づいたことなど高校生の「勉強」に関することを様々な科目について書いていきたいと思っています。これで少しは楽に書けそうな気がします。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2021年04月17日

自粛生活

「不要不急の外出はお控えください」こんなことが毎日のように言われています。大阪でまた緊急事態宣言が出されそうです。
言われなくても私はずっと出歩いていません。昨年はGO TOキャンペーンのようなものがあってよく出かけましたが、私はここのところ家と職場との往復、週末のスポーツクラブだけです。スポーツクラブではお風呂やサウナで密になっていて注意されてもまだ大声でしゃべっている人がいるので怖いですが、人との接触はかなり少ない方だと思います。
私の場合、生活が自然と自粛状態になっています。考えると少し悲しい気持ちがしてきました。
元気に色々なところに行ける日が早く来ればいいですね。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2021年04月16日

元気にやってます

大阪のコロナ感染者が驚異的な数字になっていますね。大学生は気の毒にも4月から対面授業が始まる期待ももろくも砕けてしまいました。和歌山もコロナ感染者が増えてきて昨年より状況が悪くなっている感じです。みんなストレスもたまっています。こんな時期だからこそ上手く発散しなければ気が滅入っていくばかりですね。
コロナの影響があってスパブの生徒さんは少ないですが、来てくれている生徒さんには大いに感謝して、元気にやっています。今日は1〜3年生がそろって来てくれます。
posted by スパブ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ

2021年04月15日

見極め

夕方、時間があったので1時間余り歩きました。歩いているとうっすらと汗ばんでくる季節になってきました。
向陽3年生理系は複素数、極限等を終えて微分に入っています。この先の積分とよく出題される分野です。曲線はあまり出題されないということで向陽では後回しだそうです。スパブでも予備校生には極限、微積、複素数の順番に攻略していき、曲線は共通試験が終わって受験する大学が曲線をよく出題するなら対策をしますが、ほとんどやらないということもあります。理系はとかく忙しいので出るか出ないかの見極めが大切になってきます。
物理では原子、化学では高分子がこれにあたるかな、生徒の志望校の出題傾向を見て授業への取り入れ方を考えています。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2021年04月14日

英語の勉強

最近少し時間ができたので、それを勉強の時間に当てています。英作文と英文解釈、リスニングの力をつけようと思っています。スキーピングの力もつけたいのですが、これは一人ではなかなかできないので二の足を踏んでいます。
英作文は難しいですね。正解が一つだけということがないので自由度はありますが、それがあっているかどうかの判断がつきません。文法をかなりの程度まで分かっていないと満足な文は書けませんし、同じ意味に見えてもこの単語はこの文脈では用いないとか不自然であるとかといった判断はネイティブでない限り非常に難しい問題です。昨年、向陽生の3年生に英作文を聞かれることがよくあったのですが、辞書を調べながら悪戦苦闘しました。
リスニングもなかなか手ごわいですね。なんとなく分かるが、きっちりと細かいところまで自信をもって聞き取れるには相当な時間がかかります。TOEICで900点台に乗せるのは相当努力が必要です。私の場合はリスニングがカギになると思います。
英語は毎日、楽しみながらできれば目標を作って勉強することが一番の進歩になるのかな。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ

2021年04月13日

多様性

最近、入塾してくれた3年生、主に英語の個別を見ています。昨日は英文法の復習でした。
最近急増している推薦入試ですが、その生徒さんも推薦入試で国公立大学を目指しています。評定平均と共通試験の成績で判定されます。推薦で国公立大学を受験するなんて10年ほどまえ、いや5年前でもほとんどなかったと思います。これもつい最近の傾向です。推薦入試が国公立大学の受験でも多くなってきました。これからもどんどん増えて来るはずです。国公立大でも半数の受験生が推薦入試で入学する日もそう遠くないかもしれません。
勉強だけでなくクラブ活動、ボラティア活動、様々な課外活動などが入試に用いられるようになってきました。多様な生徒を取りたいという思惑からでしょう。大学を目指して勉強以外の活動にも思いっきり力を入れれるのは良いことですね。最近はやりの多様性の時代ですね。
posted by スパブ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2021年04月12日

物理の個別指導

現役3年生で物理を熱心にやっている生徒さんがいます。大阪の私立の通っている女子なのですが、物理をとって将来は工学部に進学する目標があります。もちろん他の科目も聞いてくれていいのですが、毎回熱心に物理をしています。数学はここ数か月でほんの数回質問しただけです。物理の「エッセンス」を端から端までやっています。基礎から積み重ねているので体系的に学んでいるようです。「今まで分からなかったことが分かった」と言ってくれることがよくあるのですが、その時はうれしいものです。毎回何らかの発見があるようです。個別学習の理想的な使い方だと思います。
posted by スパブ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ

2021年04月11日

いつまでも健康に

みなさん。今日はいいお天気です。週末いかが過ごしでしょうか?土曜日には和歌山で聖火ランナーが走りました。少しずつオリンピックに向けて盛り上がりたいところですが、その雰囲気を覆ってしまうように再びコロナ患者が増えてきました。まだまだ世間は暗い雰囲気ですね。でももう少しですよ。頑張りましょう。
日曜日のお昼過ぎはお決まりの水泳です。運動時にマスクをしなくていいのと最近、温かくなってきたのでプール人口が徐々に増えてきました。私のノルマは毎回2キロを泳ぐことです。25メートルプールで40往復の距離になります。一見ぞっとするような数字ですが、時間はかかりますがコツコツと泳げばいつの間にか40往復はできます。
嫁さんも一緒に泳ぐのですが、先にへこたれるわけにはいきません。昨日は30往復したところで相手が止めたので残り10往復程はプレッシャーを感じることなくゆっくりと平泳ぎで泳ぎました。嫁さんは時間で、私は距離をノルマに泳いでいます。
どんどん平均寿命が延びてくると裕福でない限りいつまでも働かなくてはいけません。健康でいることも日常生活で気を配らなければいけない大切な課題です。30年以上続けている水泳ですが、「やっていないときと比べて、今の方が健康なのだろうか?」時々そんなことを考えたりもします。案外、運動なんかしなくても健康そうな人はたくさんいますよね。
きっと健康に寄与しているはずだと思って頑張ります。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2021年04月10日

これからの予備校生

最近は推薦入試が急に増えてきました。まだまだですが、国公立大学でも推薦入試の割合が増えてきました。昨年スパブでも8割がたの生徒さんが推薦入試を受験しました。予備校生では国公立大学志望者が多かったので推薦入試は一人だけが熱心に受験していました。予備校生が推薦入試を受験するのはここ数年前から増えてきた気がします。浪人したのだから一般で自分の行きたい大学を目指す予備校生と少ない受験科目で早く合格を手にしたい現役生、スパブでは今のところ現役生と予備校生では受験スタンスは逆です。これから同じようになっていくのでしょうね。
このまま推薦入試の枠が増えてコロナ禍で不況が続くと浪人生はさらに減るでしょう。不安定な一般入試をいくつも受けるより一発で決めたいと思うのは普通です。家庭でも不安定な浪人生活を送るより1年でも早く大学に進学して1年でも早く卒業して欲しいという心理が働いているのでしょう。

posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2021年04月09日

自習室利用してください

新学期が始動しました。向陽生が4時半から来てくれています。これから学校が始まり、終わるのが遅くなっていきます。だんだん日が長くなってきているので遅くなってきてるという感じはさほどしません。
3年生は自習室で授業のない日も来て頑張っています。自習室に人がいないと活気がないですね。1,2年生もどんどん利用してください。
posted by スパブ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ