2021年01月07日

がんばれ受験生

寒くなってきましたね。明日もさらに寒くなります。
この受験の時期に関東で緊急事態宣言が発令されて受験生は気が気ではありませんね。大阪でも緊急事態宣言が発出されるような微妙な状況になってきました。和歌山でも感染者が連日、過去最高を更新しています。
共通試験の結果だけで合否が判定され、個別試験が行われないかもしれないという人もいますが、そういうことはありません。もちろん個別試験だけで合否を判定する大学が若干出てくるかもしれませんが、ここで急に今までのやり方を転換させてはそれこそ大きな社会混乱がおこります。大学と受験生にとって受験は最も重要な行事の一つですから、それを中止するには相当の覚悟が必要です。
医療崩壊の問題は深刻ですが、受験を実施しなくてもしてもこれには関係ないと思います。早々に個別試験を実施しないことに決めた国公立大学がありましたが、昨年の秋ころの段階で1〜2月の状況がどうなっているか誰にも予測できなかったわけですから、そもそも決定の時期が早すぎたのではないかと思っています。さすがに今のような状況になってきて中止の判断は正しいかったという人もいるかもしれません。しかし、それはたまたまそうなっただけで今のような結果を充分予測して上での判断ではなかったはずです。
受験生はできる限りの受験機会を与えてあげることが社会の役割です。受験を中止することのマイナス面は大きすぎます。そのことを充分に考えて欲しいと思います。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験