2020年12月28日

年末に何思う

今年もあと残すところ4日になりました。今年は色々なことで非常に異質な年になりました。やはりコロナですね。今年はコロナに始まりコロナで終わった感があります。コロナがもたらした変化、教育の面でも大きな変革がありました。特に大学ではオンライン授業が主流になって、その反動もあって今、対面授業が今さら見直されています。色々な面で密を避けなければいけない状況で人と人との距離も遠くなりました。体が触れ合うコミュニケーッションは極力避けられ、これまで以上に人と人との距離が遠くなったのではないでしょうか。こちらもその反動からか人と人とのつながりが今、見直されようとしています。
これら変革がいい方向に導いてくれればいいのですが、変化は古い秩序の衰退ももたらします。良いことばかりではないはずです。色々と考えさせられます。

年末と言えば帰省、何らかの理由で家族と離れて暮らしている人や下宿している学生たちは、この年末年始、故郷から遠く離れた場所で何を思うのでしょうか。
posted by スパブ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会