2020年12月23日

何をする?

今日は少し暖かいですね。
予備校生は追い込みで最近は宿題があるなしにかかわらず、遅くまで自習しているようです。ここまで来れば自分から積極的にやってくれているようです。
冬至も過ぎてこれから日が徐々に長くなっていきます。入試も春が近づくにつれて終わりに向かっていきます。もう少しの我慢です。がんばってください。

大学受験の志望校・学部は景気によって大きく左右されます。不景気になれば就職に強い実学志向の学部が人気が出てきます。医学部や看護学部がその代表です。しかし、今回は事情が異なっています。医療現場のひっ迫、混乱を目の当たりにして志望者は大幅に減少するような気がしまう。それではどこが良いのか?(公務員になるにはどこの学部が良いかは分かりませんが)公務員が人気になることは間違いないでしょう。公務員になるための専門学校なんかが流行りそうですね。教師も人気が出てきそうな気がします。公立の教師もある意味公務員ですからね。
最近はITや情報系も人気があります。文系でもデータを扱う学部が増えてきました。統計を勉強しておかなければついて行けないかもしれません。先ほどの医療系でも作業療法やレントゲン技師など資格がとれるところでは人気がでるかもしれませんね。
コロナ禍という今までにない未曽有の社会混乱のなかにいる現在、高校生も将来に対して色々と思案を巡らしていると思います。しかし、今の高校生が卒業する4、5年後に社会がどうなっているか正確に分かる人なんかいません。いつの時代も言えることはできるだけ自分の好きなことを基本に仕事を選択することが一番リスクの少ないやり方だと思います。難しいことかもしれませんが。
posted by スパブ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会