2020年03月21日

達成感

昨日は説明会がありました。予備校生3組、現役生2組(兄弟)の方にお越しいただきました。春分の日、ありがとうございました。
個別の説明とは違い、複数の方が来られると全体に目を配らなくてはいけませんし、全体に共通した話を展開していかなければなりません。今まで説明会は何百回とやってきましたが、これだけは何回やっても緊張します。それだけこの春の説明会を大切にしているからです。その分、上手くいったときにはものすごく達成感があります。
初対面では誰しも少しは警戒感をもっていらっしゃいます。この1時間弱の間の話のなかで「人となり」を判断されるのです。それは考えるととても緊張します。
話が進んでくるにしたがって徐々に質問もしてくれますし、皆さまの表情も緩んでくると私もそれにつれて饒舌になってきます。そうなれば「水を得た魚のように」うまく説明が進行していきます。そして最後に晴れやかな表情で帰っていかれるのを見ると「今日はよかったなあ〜」という感じになります。これが達成感です。入ってくれればなおさらいいのですが、それはお客さんが判断されることです。私は誠心誠意説明するだけです。
説明では他の予備校との違いを強調することを重視しています。私が何もかも一人でやっているので懐疑的に見られる人もいらっしゃいますが、そういう人を納得させることには力は入れず、少人数の予備校に魅力を感じる方を対象にスパブをアピールしていきたいと思っています。
授業をしているのはまさに私ですからどんな質問にもお答えします。担当していない科目のことをいい加減にごまかすことはしません。説明する役、経営者、教師を兼ねていますのでどんな質問にもお答えします。
説明会は今日もあります。明日もありますが、これ以後は説明会はどうなるか分かりません。しかし、個別での説明はさせていただきます。
posted by スパブ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ