2019年11月14日

スパブ生の構成

智辯生が7月ころから来ています。スパブでは智辯生は珍しい存在です。しかも中学3年生です。もう高校課程に入っているということで見させていただいています。見る科目は多岐にわたっています。二人三脚で頑張っています。
私立生は現在、開智生が一番多くてその次は近附生、信愛(ともに同じ人数)となっております。公立高校では向陽生が多いです。和歌山駅に近いということだからでしょうか?!。桐蔭高校の生徒さんも毎年来てくれます。今年は海南高校の生徒さんが来てくれています。このように偏らないのが良い傾向だと思っています。
全体での現役生の男女比は女:男=2:1となっています。女子の方が個別塾に通う傾向があるのでしょうか?集団塾には男子が多いのでしょうか?それは比較していないので分かりませんが、スパブではここのところずっと女子の方が多いです。
一方、予備校生は圧倒的に男子が多いです。これは昔からの傾向です。しかし過去に2年続いて女子の方が多かった珍しい年がありました。今から5,6年前です。過去24年予備校をしていますが、それはたったの2回です。
女子はあまり浪人しませんからそういう結果になるのは当然です。そういうことで現役合格にこだわるのが女子で塾で受験の準備に励むからスパブでも現役生は女子が多いのでしょうか?
色々と考えてみますが、よくわかりません。また年によっても大きく違います。入試制度が大きく変わりますが、一体これからどうなっていくのでしょうか。

posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ