2019年07月21日

リスニング

日曜日の午後皆さんいかがお過ごしでしょうか?
予備校生はリスニングを毎日、少しでも聞くようにしています。リスニングは一朝一夕では身につきません。これこそ地道な作業が必要です。レベルはいくらでも上があります。これで十分といったことのない終わりのない作業です。
日曜日に私も個人的にリスニングをしています。今聞いているのはZ会の速読速聴英単語シリーズの「OPINION1400」という教材です。これはかれこれ3回目になると思います。はじめは難しく感じました。社会で議論の的になりやすい題材を集めたものです。自分なりの意見を形成することにも役立ちます。例えば「死刑制度」廃止か否か、「同性愛者の結婚」についての是非などについてのさまざまな意見をリスニングします。専門用語もたくさんあり始めはかなり苦労しましたが、今は随分慣れました。これは自分の意見を英語で発信する練習にもなります。大学受験の長文対策、自分の意見を書くような小論形式の英語の対策にも大変役立ちます。この教材は高校生、大学生に最高にお勧めです。
今、新しくこれと並行して聞いているのは同じくZ会シリーズの「ADVANCED1100」です。こちらはめっちゃ難しいです。取り扱ってる内容が専門的なので単語が難しすぎて進みません。今読んでいるのは「Problem With American Primaries(米国大統領予備選挙の問題)」、そもそも日本の選挙制度のこともまったくわかっていない私にとって米国の大統領選の問題点は異次元の世界です。ballot(無記名投票)、partisan(党派に偏った)今まで見たことのない単語が次々と出てきます。こういった単語を知らないと英字新聞は読めないのですね。
今日は1ページ聞いただけで挫折しました。まだ3分の2ほど残っています。私には教養がありませんので内容の吟味が大切ですね。国際学科、政治学科の生徒さんはこういうのを読んでいるのでしょうね。
しかし、はじめ難しくても後から実力がついてきて分かるようになってくるものです。信じて精進です。そして決めたことは途中でやめないことが一番大切です。
posted by スパブ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語