2019年05月19日

結婚式

結婚式ちほちゃんの携帯から_190520_0080.jpg
今日は娘の結婚式でした。朝6時半に出発して式は11頃から始まりました。自分の結婚式も26の時、娘も同じ年に結婚しました。自分がモーニングを着て娘をエスコートする日が来るなんて長い先のことだと思っていましたが、とうとうこの日がやってきました。身内の結婚式のことで申し訳ございませんが、感動しました。娘の結婚式では母親は泣かなくて、父親は泣くことが多いようですね。
これも子供がいたからこそ経験できたことです。子供を育てるのはものすごい労力とお金もいります。精神的にもいろいろな苦労があります。多くの人にとって人生の後半は子供のために働くようなものです。そのように苦労してきたからこそ子供の成長をみるととても感動するのです。
七五三、小学、中学、高校、大学、成人式、就職、結婚、そしてこれから先もいろいろな節目はありますが、これでもう送り出したという感じです。親元から手が離れる分、子供は遠くに行くのです。大学を卒業して就職した時は帰るところは実家、帰ってきたら親に甘えていましたが、これからは自分たちの家庭を持つことになります。そこが中心になってきます。どんどん子供は親から離れていきます。一抹の寂しさはありますが、これが人生です。
これまでの緊張から一気に解放されて式の挨拶で夜うなされることは次の結婚式までもうなさそうです。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活