2019年02月08日

リズム壊さない

午前中は英語と数学の対策をしています。その他の科目は個別に対応しています。
今日は昼からは英作の添削や国語の記述の添削をしなければなりません。夕方までたっぷり時間があるのでしっかり見ていきたいと思います。
みんなリズムを壊さないように日々勉強しています。予備校生は遅刻なし、欠席なしで4月からのメンバー全員がそろって勉強しています。センター試験後はこのリズムが大切です。ついつい油断、だらけてしまうのもこのセンター試験後です。
各家庭で個人がばらばらにやっても必ず安易な方に流されていきます。ここには仲間がいます。周りのみんなが頑張っています。それを見て頑張るしかないです。私も引っ張っていきます。最後の受験までこういう時間の過ごし方が大切なのです。
それぞれ受ける大学も違います。したがって自分の勉強時間も大切ですので後は任せています。きっとみんな精一杯、頑張ってくれていると思います。
国公立大学の出願も締め切られました。いよいよ42.195KMの38KM地点にやって来たといった感じです。ラストスパートですよ。
posted by スパブ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ

2019年02月07日

包丁

今日は早く帰ることができました。木曜日はできるだけ体を動かすようにしています。今日は暖かくて天気も良くて散歩にはうってつけの日でした。1時間半くらい歩きました。
最近、包丁を買いました。出刃包丁と小出刃です。家内が魚をさばくのに難儀しているので切れる包丁をということで、購入しました。しかし肝心の魚が釣れません。これでは練習になりません。
研石も買ったので家にある切れない包丁を全て研ぎなおしました。切れるようになると気持ちが良いですね。包丁が生き返りました。
家内は包丁の切れ味には関心がないようです。昔から使っているステンレスの包丁を切れなくなっても使っています。彼女は魚を料理するときはなぜか柳葉包丁(刺身を切る)で料理をします。これも切れません。
私は料理は全くしないので関心がありませんでしたが、魚をさばくのに切れないから大変だと余りにも嘆くので、包丁を買ったのです。包丁の用途もあまり考えないようです。用途に合ったものを使わないと切れないですよね。
私はもともと魚をさばくことに興味だけはあったので魚をさばく動画をよく見ていました。しかし実際にやってみないことには上達しません。それには何とかしてさばく用の魚を釣らなければなりません。丸ものを買ってきて練習するのも良いのですが、やはり自分で釣った魚をさばきたいですね。

posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2019年02月06日

お話し

朝の雨から今はすっかり晴れわたっています。日差しの方はすっかり春めいてきています。これからどんどん日は高くなってきます。もう春の兆しを充分に感じることができます。
このような天気とともにみんなのもとに合格の便りがやってくるといいですね。
今日は何人かの予備校生がみんなの前で話をくれました。試験前の時期ですが、みんなでリラックスできるほんのひと時を過ごしました。少しでは気が紛れたのではないでしょうか?このメンバーが集まって話をすることはもうありません。そう考えるととても貴重な時間でした。みなさんありがとうございました。
これから卒業まであと何回、全員が集まれるだろか。そう考えると私も少し寂しくなってきました。
posted by スパブ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ

2019年02月05日

明るく元気に積極的に

今日も予備校生は全員朝から頑張っています。英語の授業のない生徒もきちんと朝から来て自習しています。それにみんな明るいのが良いですね。自習室の雰囲気も良いようです。
スパブでは途中で塾に来なくなるということはほとんどありません。全員、合格して巣立っていきます。みんな最後まで来てくれます。これも塾の使命だと思っています。みんなが気持ちよく勉強できる環境で良い仲間たちがいるからだと思います。今年の予備校生もみんなまっすぐ勉強に向いてくれています。
明るく元気に希望をもってやっていきましょう。今日も朝から積極的な言葉をかけるように心がけています。そうすることで自分も生徒も気持ちが前向きになって活力が湧いてくるのです。
逆にネガティブな言葉を発すると気持ちはそれに呼応して嫌なことを考え出し、元気がなくなります。パワーがそがれていくのです。ネガティブな思考や言葉は伝染していくものです。
危機感はもって欲しいですが、日々、前向きに元気に明るく頑張って欲しいです。
残り少ない時間元気に頑張りましょう。そうすればインフルエンザンにもかかりません!
posted by スパブ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ

2019年02月04日

国公立大学の出願

予備校生は今日も全員出席、遅刻もなしです。
国公立大学の出願もほぼ終了しました。あとは当日を迎えるだけです。それまできちんと勉強のリズムを壊さないようにしましょう。残された時間を大切にしましょう。
インフルエンザが流行っていますが、予備校生はみんな体調が良いようです。
続きを読む
posted by スパブ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2019年02月03日

釣り道具

今日は釣り道具の片付けをしていました。次回の釣りに向けて釣り道具を磨いておくのが私は好きです。
次回の釣りのことをあれこれ考えながら釣り道具を手入れするのが至福の時間です。
釣りに行くのは好きだけれども道具を洗わない、大切に手入れしない、こういう人もたくさんいます。人それぞれだからそれでいいのですが、私の場合はきれいにし過ぎるので次回釣りに行くのがもっていないくらいにきれいにします。
釣りから帰るとどんなに疲れていてもやらなければならない後片付けしてしまわないと気が済まないのです。
いい加減にしないとこういうのって結構疲れるんですよ〜。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り

2019年02月02日

失敗から学ぶ

20190131沖のカンゴメ.jpg串本に釣りに行ってきました。私は釣行後、必ず「釣り日記」をつけています。出発した時間、かかった時間、言った場所、釣果、買ったもの(エサetc)、紛失したもの、など様々なデータをつけておきます。その他に必ず書くことは反省点です。これには忘れ物、やるべきこと、やってはいけなかったこと、試してみるべきだったことなど次回に生かすことや次回はやってはいけないことなどを書いておきます。これに時々目を通して反省するのです。このようにして徐々に腕が上達するとともに釣りが快適になっていきます。
前もって予習して上手くいくこともありますが、やはり失敗して学ぶことの方が頭の中にいつまでも残ります。そうして得たものの方が応用が効きます。反省点を今後に生かして上手くいくと「引き出し」が増えていくのです。
とくに釣りはこのようにして回数を重ねて失敗して試行錯誤をかさねて進歩していくものです。失敗を恐れず色々なことを試せる人が釣りに向いています。
私は結構「めんどくさがりや」です。同じ場所で釣れなくても粘りますし、釣れなくても仕掛けを変えないこともしばしばです。我慢強いとも言えますが、工夫がないとも言えます。釣りは忍耐も工夫も必要です。あれこれ試行錯誤してやってみるのが好きな人が上達するのです。そうです。だから私はあまり上達していません。こういうことも抽象的ですが反省点なのです。
串本まで行って今回は(も)「ボウズ(0匹)」でした。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り

2019年02月01日

一人黙々と

今日、自習室では一人黙々と勉強する生徒がいました。こういう姿勢が合格に一番近いのです。センター試験が終わってこの時期は学校も休みがちです。これで気持ちが萎えてしまうのです。
一度気持ちを切らすと元に戻すには大変なのです。これから本番で何があるか分かりません。合格も不合格も紙一重だと思って日々を送ってください。
スパブでは学習のリズムを壊さないように朝から英単語の試験をします。これのおかげで朝はぎりぎりまで寝ているわけにはいきません。合格するその時まで頑張りましょう。
勉強のリズムというものを4月から作っていきました。センターが終わってもまだ半分試験は終わっていません。
この勉強の生活習慣は崩れると目の前にある合格もスルリと逃げていきます。
もう少しです。最後まで走り切りましょう。リズムを大切に!
試験が終われば死ぬほど寝たり遊んだりできます。それまでもう少しの我慢です。

posted by スパブ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スパブ