2018年12月30日

2018年の3大ニュース

今年もいろいろとありました。皆様にとって今年の1年はどうでしたか?
この年末、2018年の私にとっての3大ニュースを考えてみました。
1位は親父が亡くなったことです。これで両親がなくなり、いよいよ私達の番です。ひしひしと年をとっていくのが感じられるようになってきました。それとともに時間の大切さ人生について深く考えることが多くなりました。
2位は子供が婚約したことです。年末ですが、この土曜日が両家のあいさつの日でした。一大イベントが年末に待ってました。やれやれ無事に終わりホッとしています。これまた時間の流れをひしひしと感じさせられるような出来事です。この前、就職して東京に行ったかと思うと今度は結婚、次々と起こる変化に時代の流れを強く感じます。
3位は目の手術をしたことです。今まで0.01も見えなかった視力が両目とも1.2ほど見えるようになりました。その代わり近くは見えなくなりましたが。
ごく近くはよく見えた昔とは180度の劇的変化です。近くは見えないけれど遠くはよく見えるようになりました。釣りには良いのですが、読書など細かい文字は少し苦しいですね。
しかし、自分にとっては今の方が今までとは比べ物にならないほど快適な生活を送れています。コンタクトレンズの洗浄も購入もなくなりました。ありがたいことです。
以上が私の3大ニュースでした。
皆さんはどうでしたか?皆さんにとって良い年になることを祈っております。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活