2018年12月19日

追い込みの記憶術

今日は良い天気ですね。師走も迫ってきて考えれば今年もあと12日です。皆さん今年はどのような年でしたか。
受験生も今が頑張り時です。スパブ生は今日もセンター演習に真剣に取り組んでいます。
この時期は徐々に復習に重点を置く時期です。年を明けるともう新しいことは手をつけない方が良いかも知れません。新しいことをして自信を無くしてはいけません。効率よく復習中心です。やったことは頭にすっと入りやすいですから先ずはできなかったことをできるように復習することです。
みんな理科、社会はまだまだやらなければならないことがあります。暗記科目はどうしても覚えなくてはならないことがたくさんあります。
そんなときは「語呂合わせ」でこじつけてください。あるいは視覚的にイメージで覚えてみたり、連続して暗記項目が出てくるような話を作って物語としてとらえてみたりしてください。これは効果テキメンです。点数が良い人はこういう記憶術を使っています。勉強の効率が何倍もアップします。試してみてください。
私は色々と生徒に記憶のきっかけとなるようにダジャレや物語やイメージを湧くような物語を時々します。決してうけを狙っているのではなく少しでも点数が上がればという気持ちでやっています。
案外、利用していないのが記憶術です。かたぐるしいことは抜きにどうしても覚えなければならないことはあれこれと自分なりに自由に工夫して詰め込んでいきましょう。
posted by スパブ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強