2018年11月08日

やろう!

予備校生は試験で頑張っていますが、怠けている場合は活を入れなくてはいけません。
「他の人との比較、何回も不合格である、その人の実力」など色々な点を総合してやっていないと思われる場合は注意をしなければなりません。
スパブ生はみんないい人です。叱ることは辛いことですが、これとそれとは別です。「何とか入ってくれ!」そういう気持ちなのです。注意をすることは私の義務です。
苦労・努力のない成長などはありえません。やりがいはなかなかできないことができるようになって、壁を越えて沸いてくるものです。
今ならまだ大丈夫です。大袈裟ですが、センター試験まで最後の時間と思って悔いのないような人生を送ってください。
posted by スパブ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験