2018年11月06日

予備校の真価

最近は遅くまで残って自習している人が増えてきたような気がします。宿題やテストといった課題をこなすのに時間がかかるのでしょうか?最近がんばっています。
伸びるようにやらなくてはならない課題は適切に出すようにしています。スパブで大切にしていることはやったことは必ず復習して身に着けるということです。当たり前のようですが、このことをきちんとできる人はそう多くはありません。さらに自主的に自分の勉強にも取り組んで欲しいと思っています。このプラスアルファに勉強ができる人はどんどん伸びていきます。
勉強を自主的に高校生のときからやっている人はうまく大学に入っています。全体的に予備校生にはそういった習慣がついていなかったように思われます。
まだまだやらされている面もありますが、自分から積極的に学習に取り組んでいる人も増えてきました。
自分では積極的にはできない人のためにも試験は必要です。基礎をきっちりと積み重ねていくことは退屈なことですが、コツコツ持続する仕組みを作らなければなりません。こういう役割も予備校にあっていいと思います。
予備校の真価は、やり方の分からない人に道を示してあげて伸ばしてあげることです。
1年間気持ちを切らすことなく引っ張っていってあげれる予備校でなくてはならないと思っています。
続きを読む
posted by スパブ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 予備校