2018年10月24日

自然のリズム

最近は5時半頃は辺りは暗く、日が沈むのも随分と早くなりました。
それでも体はいつも起きる時間になると体内からムクムクと元気が湧いてきます。きっちりと時間になると目が覚めます。血圧が上がり、体温も上がりしっかりと覚醒してきます。逆に夜は10時を過ぎると急に眠くなります。
人間は自然に沿ったリズムで動くようにできています。
人はやがて死にます。それはまさに自然に帰っていくということです。何もかも自然と一体になろうとします。睡眠サイクルも自然に合わせるようになってくるのです。体に悪いことはできないようになってくるのです。
若いころは体に悪いことも吸収できますが、年をとるにつれてそれもできなくなってきます。無理がきかないのです。無理をするということは自然な生き方ではないのです。
人は自然に帰っていくものです。やはり自然にあらがわない生活が快適で体にいいのでしょう。
posted by スパブ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記