2018年10月14日

今日もさわやかな秋晴れです。運動会、行楽のシーズンですね。このころが1年で一番気持ちの良い時期ですね。ひんやりとした空気、私にとっては釣りの季節到来といったところです。
上の娘が友人の結婚式で帰省してきました。彼女もこれから結婚式出席が頻繁にあるような年頃に差し掛かってきました。
一方、すっかり結婚式出席の機会もなくなった私たちですが、子供がそういう年頃になったことことを考えると世代交代をひしひしと感じます。川の流れでいえば川の隅の浅瀬に移ってひっそりとした人生を歩もうとするのが私たちで川の流れの真ん中で荒波にもまれどんどん運ばれていくのが子供たちです。若くなければ溺れてしまう人生の激流です。運ばれていく先は人それぞれさまざまですが、浮き沈みにもまれて人生をもがいて渡っていくのです。その流れを避けて生きることもできますが、流れを味わった後の行きつく先と流れを避けてきた後に行きつく先とでは大きな違いがあるかもしれません。
思えば私が結婚した年を子供が過ぎて子供も同じ道を歩んで行こうとしています。やがて私も「おじいちゃん」と言われる年齢が現実的なものに感じられるような年代に差し掛かってきました。そしていつか川のよどみに静かに落ち着き、世間を眺める時が来るのでしょうね。
posted by スパブ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活